軍艦って? その1

これまでのキャプテンズ・キャビンなどで護衛艦とか補給艦といった海上自衛隊の艦船あるいは各国の軍艦の種類を表す表現を特に説明をしないまま使ってきましたが、今回から「そもそも軍艦とは」とか「戦艦とは」といったことを紹介していきたいと思います。
ただ、軍艦の艦種の系譜を整理することは結構大変なことではあります。
 まず触れておきたいのは、軍艦という言葉は一般名詞として使用される場合がほとんどですが、日本海軍では海軍固有の艦船の種別を表わす特定の用語であったということです。

第二次世界大戦末期の「艦船令」に定められた艦種には次のようなものがありました。まず、海軍に属する艦船は「艦艇」、「特務艦艇」及び「雑役船」に区分されていました。「艦艇」は、「軍艦」、「潜水艦」、「駆逐艦」、「砲艦」、「海防艦」(1942年から軍艦から転入されています)、「輸送艦」、「水雷艇」、「駆潜艇」、「敷設艇」及び「哨戒艇」の各種別に区分されています。

さらに、「軍艦」には「戦艦」、「巡洋艦」、「航空母艦」、「水上機母艦」、「潜水母艦」、「敷設艦」、「砲艦」、「練習戦艦」、「練習巡洋艦」が含まれており、これら「軍艦」のみが艦首に菊の御紋章を戴くことができました。
そして、艦長という言葉も「軍艦」の指揮官に対して使用される用語で、「駆逐艦」、「潜水艦」等の指揮官は艦長と通称されていても正式には「駆逐艦長」、「潜水艦長」が正しい職名でした。

 今日の海上自衛隊には軍艦という用語はありません。海上自衛隊が所有する船舶は「自衛艦」と「支援船」に区分されており、「自衛艦」がさらに「警備艦」と「補助艦」に分けられています。
もう一段階ある区分はちょっと省略しますが、「警備艦」の中に「護衛艦」、「潜水艦」、「掃海艦」、「掃海艇」,「ミサイル艇」、「哨戒艇」、「輸送艦」、「輸送艇」,「エアクッション艇」があります。「補助艦」には「練習艦」、「補給艦」、「訓練支援艦」などが含まれています。

国産第1号の護衛艦「はるかぜ」(甲型警備艦)(海上自衛隊提供)

ちなみに「艦」と「艇」は基準排水量千トンで分けられ、千トン以上が「艦」、未満が「艇」と呼ばれます。これも国が変わると呼び方が変わることになるので、中国では潜水艦は「潜艇」と呼ばれており、通常型潜水艦は「常規動力潜艇」となります。

掃海艦「やえやま」(基準排水量1,000トン:海上自衛隊提供)

掃海艇「すがしま」(基準排水量510トン:海上自衛隊提供)

また、ジェーン海軍年鑑によればアメリカ海軍では海軍の艦船は、combatant ships(戦闘艦)、combatant crafts(戦闘艇)及びauxiliary ships(補助艦艇)に大別され、combatant shipsはさらにwarships(「軍艦」)、amphibious warfare ships(水陸両用戦艦艇)、mine warfare ships(機雷戦艦艇)に区分され、warshipsに航空母艦、水上戦闘艦(戦艦、巡洋艦、ミサイル巡洋艦、原子力ミサイル巡洋艦、駆逐艦、ミサイル駆逐艦、フリゲート、ミサイルフリゲート)、哨戒艦、潜水艦(潜水艦、補助潜水艦、攻撃型原子力潜水艦、戦略核ミサイル搭載原子力潜水艦)が含まれています。

これらの区分はあくまで1つの例で、日本だけでも時代によって、いろいろと改廃が行われており、国により、時代によって異なっています。
しかし、ここでは変遷をあまり気にせずに、今日しばしば使用されている主な艦種についてその発展の歴史を含め概観して見たいと思います。
軍艦の歴史はギリシャ、ローマ時代にまで遡ることができます。紀元前306年にペルシャとギリシャの間で行われたサラミスの海戦や紀元前31年にローマ帝国の初代皇帝となるオクタウィアヌス(後のアウグストゥス)とクレオパトラ・アントニウスの間で戦われたアクティウムの海戦などにも軍艦が登場することからお分かりいただけると思います。

しかし、軍艦の種類がいつ別れ始めたのかを指摘することは難しいのです。しかし、1571年、キリスト教世界とイスラム世界の間で戦われたレパントの海戦ではガレー船と「ガレアッツァ」の分化が認められます。「ガレアッツァ」は浮かぶ砲台と考えていただければよい船で多くの砲を搭載していました。
日本では江戸時代に残された水軍の兵法書では大将が乗る船で通常安宅造りの「本船」、今日の駆逐艦あるいは巡洋艦に相当する「武者船」等少なくとも十六種の兵船に区分されていました。

西欧では帆船の時代に入り、戦闘に専従する艦船は分化して、17世紀になるとイギリスでは乗り組む人間の数を基準として軍艦を等級に区分するようになりました。さらに、帆船の大型化等の理由により、この人員を基準とした分類が適当でなくなると、その搭載する大砲を基準として等級分けされるようになります。
九十門以上の砲を搭載する一等艦、八十門から九十門の二等艦、七十門以上の三等艦の三艦種が戦列艦と呼ばれ海戦の主力をなしてきました。二十門から三十門の砲を搭載する五等艦、二十門以下の六等艦はフリゲートと呼ばれ、その運動性能とも相まって偵察、通商破壊等に使用されてきました。

さらに等級外としてスループ、ガンボート、ラガー、ケッチ、スクーナーがあります。この分類は、国際的規格ではありませんでしたが、国、時代によって違いはありましたが、帆船が軍艦としての寿命を終えるまで、このような分類法が採用され続けました。
蒸気機関の出現と鋼鉄の採用が軍艦の歴史に新たな時代を出現させます。
近代的な戦艦の歴史は1859年にフランスが建造した装甲艦「グロアール」に始まるとされています。

その後約三十年の間、イギリス、フランスを中心に砲と装甲の競争を続けながら装甲艦の時代を経て、1889年、イギリスが「ロイヤル・ソヴリン」を建造し、ここに装甲艦から戦艦への脱皮が図られました。その一方、19世紀には新たに装甲巡洋艦と呼ばれる艦種が巡洋艦から分かれて登場し、戦艦に次ぐ有力艦として列強はこの整備に努力します。装甲巡洋艦は戦艦とほぼ同じ大きさで兵装と装甲が若干劣るものの、より高速を発揮できる特徴が有りました。

昨年の暮れにNHKで放映された「坂の上の雲」が今年の暮れにも放映されると思いますが、一番の山場となる日本海海戦において日本の連合艦隊旗艦であった「三笠」は戦艦に分類され、上村彦乃丞中将に率いられた第2艦隊の主力であった「出雲」、「吾妻」などは装甲巡洋艦に属します。
日露戦争の戦訓を取り入れたイギリスは1906年、画期的な戦艦「ドレッドノート」を就役させました。

戦艦「ドレッドノート」の側面と平面の概要図
(出典:「ドレッドノート(戦艦)」フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

先ほど述べた戦艦「三笠」は主砲の40口径30.5センチ砲4門と40口径15.2センチ砲14門と小口径砲を搭載していましたが、「ドレッドノート」では15.2センチ砲のような中間砲を廃止、単一巨砲を艦首尾線上に配し、火力の最大発揮を企図したものでした。
「ドレッドノート」の出現と機を同じくしてイギリスは新たな艦種、巡洋戦艦を創造し、1908年、巡洋戦艦「インビンシブル」を建造します。

これによって装甲巡洋艦は時代遅れとなり、海軍から姿を消すこととなりました。しかし、その巡洋戦艦も第一次世界大戦中、イギリス海軍とドイツ海軍の間で生起した「ジュットランド海戦」の戦訓から徐々に姿を消すこととなります。最後の巡洋戦艦は第二次世界大戦中、ドイツの戦艦「ビスマルク」と戦って沈んだイギリスの「フッド」でした。日本では「インビンシブル」の影響を受け、「金剛」型巡洋戦艦4隻が建造されます。これら4隻はロンドン海軍軍縮条約に基づき、戦艦に艦種変更され、「ジュットランド海戦」の戦訓を取り入れた改装が行われ、いわゆる高速戦艦として大東亜戦争に参加してきました。

他方、戦艦は「ジュットランド海戦」の戦訓から大口径砲の搭載、防御力の強化、高速化が図られ、その結果として「超ド級(ドレッドノートを超えるの意)」と呼ばれる艦が出現するようになります。日本海軍が建造した「大和」型戦艦はその究極の姿といってよいと思います。しかし、「大和」が出現したときには、海戦の様相は大きく変化し、戦艦がその本来の威力を発揮する場面はなくなっていました。
 次回は、巡洋艦などについて考えてみる予定です。

参考にした資料:『海軍 Ⅶ、Ⅷ、Ⅸ、Ⅹ、ⅩⅠ』(誠文図書)
http://ja.wikipedia.org/