GATOR NAVY 10年の航跡 第6回

事務局長 山村洋行

平成23年3月、ASEAN地域フォーラム(ARF)災害救援実動演習(ARF-DⅰREⅹ2011)参加のため「おおすみ」はインドネシアに向かって航行中でありました。
  同演習は、インドネシア・マナド沖を震源とする大地震が発生し、津波の襲来などにより大きな被害が発生、インドネシア大統領が緊急事態宣言を発出するとともにARF各国に支援を要請したとの想定に基づき、各国が人員や装備等をインドネシアに派遣し、捜索・救助訓練、医療活動、建設・復旧活動、被災者輸送訓練や机上演習等を行うことで計画されておりました。

日本からは「おおすみ」、空自輸送機、陸自及び空自ヘリコプターなど自衛隊並びに国際緊急援助隊登録要員が本演習に参加予定でしたが、平成23年3月11日の東北地方太平洋沖地震の発生を受け、自衛隊の派遣は中止、「おおすみ」はインドネシア入港前日に反転、日本へ帰投しました。
その後の「おおすみ」の活動はチャンネルNippon特集3.11「海上からの救援」に当時の第1輸送隊司令佐々木俊也氏のインタビューに詳細を紹介しております。