「陸上自衛隊唯一の冬季訓練専門部隊=冬季戦技教育隊「冬戦教」」の紹介
山下 輝男                      
7 バイアスロン
(1)バイアスロン基礎知識

 ア バイアスロンとはどんな競技か?

   バイアスロン(Bi Athron)とは、「2種類の競技」を意味し、クロス    カントリースキーとライフル射撃が合わさった複合競技です。

ラテン語で「2」を意味する接頭辞bi-にathlon(競技)を合成した造語。

*参考
triathlonは、ギリシャ語で数字の「3」を意味する接頭辞tri- と「競技」を意味するathlon の合成語で、英語発音にならって「トライアスロン」と呼ばれています。
現在では、水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種目を、それぞれ距離とコースを設定し、1人のアスリートがその順番で連続して行う耐久競技を指します。
 

(2)バイアスロン競技の発祥は?
 バイアスロンの原形は、スキーで野を駆け回り、銃で獲物を撃つ冬の狩猟であり、これが後に雪中戦や森林警備隊の技術として用いられるようになりました。
競技としては、18世紀後半にスウェーデンとノルウェーの軍人が行ったのが始まりといわれています。
その後1861年になって、ノルウェーで、それまでの狩猟や戦闘技術として用いていたことを、スポーツとして行い、民間レベルの国家防衛力向上のために世界初のスキークラブ、トリンシルライフル・スキークラブが設立されました。

 
競技としては、1924年シャモニー冬季オリンピックで軍事偵察競技(ミリタリーパトロール (military patrol) )というスキー登山も含めた競技が公開競技として行われたのですが、その後、オリンピックで3回行われた以降は実施されていません。
その後のオリンピックで、男子は1960年スコーバレー冬季オリンピック、女子は1992年アルベールビル冬季オリンピックから正式種目となりました。
現在に至るまで、多くのルール改正がありましたが、一番大きなものは1976年に30口径ライフル弾を使用する大口径銃(射距離150m)から22口径競技用ライフル弾を使用する小口径銃(射距離50m)に変わったことです。 ここで、第1回配信を終わります。

冬季戦技教育隊のビデオ紹介
 
(3)バイアスロン競技の見どころは?
 バイアスロン競技には、速く走ることと正確な射撃が要求されます。
走っている時の脈拍が180を超える激しい動きの「動」と、射撃時のデリケートなテンションが求められる「静」の要素が必要で、この相反する要素を如何にバランスよく整えていくか、そこがこの競技の難しさであり、選手のチャレンジ精神を掻き立てるものとなっています。
走りで負けていても射撃で挽回したり、また、射撃のミスを走りで挽回すると云ったスリリングなレース展開が、この競技の見どころなのです。
 

(4)バイアスロン競技に使用する銃は?
 バイアスロン競技においては、国際バイアスロン連盟認可の特別仕様の銃が使用されています。
銃身口径は5.56㎜(22口径)で、重量は3.5㎏以上でなければならず、サイトシステムは望遠機能などの光学機器の使用は禁止されています。


冬戦教以外の部隊がバイアスロン競技に使用する銃は、現用の小銃です。
 
(6)バイアスロン競技に使用する標的は?(下写真参照)
 標的の名称は、「メタルターゲット」です。
外国製であり、日本では製造されていません。(冬戦教が使用している標的はドイツ製)
射撃前には標的は黒色で表示されているが、命中すると標的が白く見えるようになっています。
標的の大きさは2種、「立ち撃ち用」と「伏せ撃ち用」があり、命中圏の大きさが違います。(立ち撃ちが難しいので、命中圏が大きくなっています。)
 

(7)バイアスロン競技種目は?
 スプリント、パシュート、インディビデュアル、マススタート及びリレーの各種目があり、その概要は下表のとおりです。

出場資格等
距  離
射撃弾数・回数
ペナルティ等
     
男子
女子
     
スプリント    10km 7.5km 5個的に5発、2回 1発の外れだま:約150mコース 周回
パシュート スプリント上位60名 12.6km 10km 弾数は同上、4回 同上
インディビデュアル    20km 10km 同上 外れ弾1発につき1分加算
マススタート 個人総合成績30位まで 15km 12.5km パシュートと同じ
リレー   

7.5km×4人

6km×4人 スプリントに同じだが、1回の射撃に予備弾3発使用可

ペナルティのある競技って珍しいですよね!!

 
(8)栄光の歴史
 1962年に日本のバイアスロン競技が開始されました。オリンピックには、1964年のインスブルック(オーストリア)大会以降毎回出場しています。
また、世界選手権大会には1965年から出場しており、これらの大会で日本人選手は健闘し、強豪ひしめく中にあって、何回か入賞を果たしています。
また、アジア大会では、メダルを数多く獲得しています。

高橋涼子選手(長野6位)

田中珠美世界選手権4位

札幌オリンピック

本田佳子
選手
 
(9)国内外のバイアスロン競技大会
   ①オリンピック
   ②世界選手権(オリンピックイヤーを除く毎年)
   ③ワールドカップ 
   ④アジア冬季競技大会
    アジア選手権大会
   ⑤日本選手権大会
   ⑥宮様スキー大会国際競技会
   ⑦東日本バイアスロン競技大会
   ⑧バイアスロンジャパンカップ
 

8 スカウトシステム
 特別体育課程の学生は、当然自衛官ですが、その採用には特別の方法がとられており、指定された競技大会で優秀な成績を収めた者がスカウトされています。
 スカウトには次の二通りの方法があります。

① 2曹等としての採用(体育特殊技能者)
   大学卒業者、10月頃採用試験、 翌年4月から約1ヶ月の基本教育期間を経て特体生として練成し、各種大会等に参加します。
② 一般曹候補生、自衛官候補生としての採用
   高校卒業者及び大学卒業者で体育特殊技能者の資格条件には満たないが、将来的有望な者は9月頃採用試験、
    翌年4月から約6か月間の新隊員教育期間を経て、一般部隊に配置されて、10月頃に特体学生候補者(養成Gp)として練成訓練等、
   
優秀な者は特体学生に指定されます。

≪参考≫一般部隊が行うバイアスロン競技
 バイアスロン競技は冬戦教の専売特許ではありません。
冬季訓練部隊に指定されている一般部隊においても、それぞれバイアスロンチームを編成して、年間を通して訓練し、毎冬幾つかの競技大会に参加しています。私が連隊長として勤務した第29普通科連隊は、師団大会は勿論ですが、宮様大会において平成3年~平成6年に4連覇、日本選手権大会において平成3年~平成5年に3連覇する等の赫々たる成果を上げました。
以上、「自衛隊よもやま話」・「トウセンキョウ?」「バイア?」でした。