海上自衛隊のヘリコプター・パイロット

元艦載ヘリコプター・パイロット 小豆野 実

パイロットと言えば、”カッコいい”職業という響きがありますが、少なくとも海上自衛隊のヘリコプター・パイロットは、そんなことはなく極めて地味な忍耐を要する仕事であります。
また、パイロットになっても海上自衛隊に在職中ずっと飛行機に乗っているわけでもありません。
この紙面を借りて海上自衛隊のヘリコプター・パイロットの一端を私が経験したこと、感じた事などを含めて紹介したいと思います。

1 パイロットへの道

海上自衛隊のパイロットになるには、大別して二つのコースがあります。
一つは、高校等を卒業して「航空学生」に入るコースと、他の一つは防衛大学校(防大)・一般大学を卒業し幹部候補生学校を修業し幹部になってから操縦教育を受けるコースです。

 私は、防大を卒業してパイロットになったのですが、パイロットになった動機は極めて不純で「夜は休みたい」という理由からでした。
どういうことかと言いますと、広島県の江田島にある幹部候補生学校を卒業後、遠洋練習航海に出掛けます。
私たちの時は、米国、ペルー、チリ、タヒチ、ニュージランド、オーストラリア及びインドネシアのコースでした。
この遠洋航海において江田島を卒業した新米の幹部(実習幹部と呼ばれている。)は、昼となく夜となく訓練に追いまくられます。
この航海で私は「夜は休みたい」と心底思いパイロットの道を選んだわけです。

しかし、皮肉といいますか、私が教育航空隊を修業して最初に配置された部隊は、ヘリコプターを艦艇に搭載するいわゆる艦載航空隊でした。
つまり、昼も夜もない艦艇乗組みと同じ職場でした。
因みに、固定翼や陸上基地から運用されるヘリコプターも艦艇に比べ頻度の差はありますが、夜も訓練します。

 パイロットになるために、先ず山口県下関市にある小月教育隊で単発の固定翼練習機を使って離着陸訓練、アクロバット飛行訓練等を実施します。
飛行訓練の当初、私が強烈に感じた事は、「世の中には努力しても出来ないことがある。」ということでした。
どういうことかというと、飛行の前に手順等を完璧に覚え飛行模擬装置を使って飛行のイメージを作って飛行に臨んでも、空中では全く出来ないのです。
考えてみれば飛行は”感覚”の世界ですので理屈を理解しても経験を積まないと出来ないわけですが、それまでの自分の経験から、何かをやる時、事前に十分準備すれば、ある程度のことはできると思っていましたが、こと飛行に関しては、私の経験則は完全に裏切られ当時、相当落ち込んだことを今でも鮮明に覚えています。

 小月での教育を終えると、徳島県にある徳島教育航空隊で固定翼の双発機を使って、主として計器飛行訓練を実施します。
パイロットは航空路を飛行するとき、或いは離着陸の時、管制官と英語でやり取りするわけですが、英語が苦手であった私は、どうなることかと思っていましたが、管制官とやりとりするのは、英語ではなく一種の記号であると理解しました。(管制官といつ、どこで、どのようなやり取りをするか、ほぼ決まっているので、それを完全に覚えておけば概ね用は足りる。)

(初等練習機OH-6)

徳島を終えると、鹿児島県の鹿屋にある教育航空隊でやっとヘリコプターの訓練を受けます。
ここでは、まず単発のヘリコプターで基本操縦訓練を受け、次に双発の実用機課程へと進みます。

ヘリコプターの特徴は、何と言ってもホバリング(空中に静止すること)ですが、最初はなかなか一点に静止できず、というか、停まろうとする地点からむしろ振れ回ってしまう状況でした。
最初、小月で飛行機に乗った時と同じで、ヘリコプターの感覚の世界を経験したのでした。

2 部隊での勤務態様

実用機課程を卒業すると、部隊に勤務となります。
私が配置されたのは、当時(昭和51年)唯一のヘリコプターの艦載航空隊であった千葉県館山市にある第121航空隊でした。
この航空隊は、艦艇に搭載するヘリコプターの航空隊で、前述しましたように、夜はゆっくり休みたいという私の願望は見事に打ち砕かれ、夜昼関係ない勤務態様の部隊に勤務することになりました。

部隊に配置されて2年位は副操縦士(CO-PILOT;コ・パイロット)としての勤務です。
コ・パイロットの時期は毎日毎日が勉強の連続で胃が痛む日々です。
我々が自嘲的に”気休めカバン”と読んでいた種々の資料を詰め込んだ大きな鞄を持ってヘリコプターに乗り込み、機上では”こんなこともできないのか”と機長から叱咤を受け、早く機長になることを夢見る毎日でした。

コ・パイロットはその技量により下から2PC、2PB及び2PAと分けられています。
2PBの後半くらいになると機長から指導を受ける回数はめっきり少なくなり、2PAになると自分が機をコントロールしていると勘違いする位のレベルになり、機長になるための訓練(1PTと呼称)も始まります。

何れにしてもコ・パイロット稼業は全般的に大変ですが楽しみもありました。
その一つは艦が港に入った時です。艦が港に入港すると我先にと街に飛び出し、酒を飲みながら鬱憤を晴らしたものです。

艦載航空隊に所属していると外国に行く機会もあります。 任務で行く場合もあれば訓練の場合もあります。
私は、コ・パイロットの時に訓練でハワイに行きました。
訓練中は相変わらず大変でしたが入港中は結構ハワイを満喫しました。 ただ、英語には苦労しました。
最近の海上自衛隊ではそうではありませんが、当時(昭和53年)英語の出来る者は少なく、米軍からブリーフィングを受けても私を含めチンプンカンプンな者が多かったように思います。

ここで飛行中のコ・パイロットの心理状態について述べて見たいと思います。
個人差は相当あると思いますが、飛行中全身全霊を傾けて機を操っている機長の心理状態と異なりコ・パイロットはいたって飛行中醒めています。
例えばヘリコプターが、夜間艦艇に着艦するのは非常に難しく、大抵の場合機長は必死で着艦するのですが、コ・パイロットは自分が出来ないことは棚に上げ”下手だな”などと思って機長のやることを冷ややかに眺めているところもありました。

パイロットは日頃部隊でどのような訓練をしているかといいますと、最も時間を割いているのは、海上自衛隊の最も重要な任務の1つである対潜水艦戦の訓練です。
この訓練は単機で、複数機で、或いは艦艇と一緒になって昼となく夜となく訓練を実施しています。
潜水艦を見つけ出し、見つけた潜水艦を追尾し最後に潜水艦を攻撃するという流れです。
他には、遭難者を見つけ出し救助する訓練、敵の艦艇や小目標を見つける訓練等を実施しています。

日頃の任務としては、都道府県知事等からの要請に基き実施する離島等からの救急患者の緊急輸送があります。
その他に、震度5以上の地震が起これば、各基地のヘリコプターは例なく緊急発進し情報収集等に当たっています。
各ヘリコプター基地では、これらの事態等に速やかに対応するため昼夜関係なく常時待機しています。
待機に指定された最初の頃は、何時緊急発進がかかるか、気が気ではなかったことを今でも覚えています。

3 艦載ヘリコプターの歩み

海上自衛隊で、それまでもっぱら陸上基地から運用されていたヘリコプターが艦艇に搭載されて運用されるようになったのは、昭和48年にヘリコプター搭載護衛艦DDH「はるな」が就役してからです。
ソマリア沖での海賊対処にしても、先のテロ特措法に基づくインド洋方面における洋上給油活動にしても、艦艇にとって搭載ヘリコプターは必須のビークルです。
ヘリコプターがいなければ、任務達成に支障が出るほどと評価されています。
ヘリコプターにとっても、もし艦載化されず、もっぱら陸上での運用であれば活躍の場がなく、今ほどの評価を得ていると考えられません。

(飛行甲板でホバリング中のSH-60J)

このような艦艇と艦載ヘリコプターですが、お互いにとって必須のビークルであると認識されるまでには相当の期間が必要でした。
最大の要因は、艦艇とヘリコプターの文化(気質)の違いによるものと思っています。

自衛隊には、陸、海、空、自衛隊の気質を(自虐的に)表現した4字熟語(「陸上自衛隊:用意周到 動脈硬化」、「海上自衛隊:伝統墨守 唯我独尊」、「航空自衛隊:勇猛果敢 支離滅裂」)があります。

艦艇とヘリコプターは同じ海上自衛隊ですので、気質にそれ程の差はないと思いますが、”船乗り”と”飛行機乗り”の差があります。
また、この気質の差の他に、”海上自衛隊は、艦でもっている。”いや”飛行機でもっている。”というプライドがあります。
このようなことで、ヘリコプターが艦載されてから艦艇とヘリコプターが相思相愛になるまでには、相当の期間がかかりました。

当初はトータルでものを考えず自分達の都合を優先させて行動したように思われます。
お互いが痛い目に会って自分達の短所、長所を認め合い、如何にすれば効率的に任務を達成できるかという認識にいたって初めて融合された行動を取れるようになりました。

4 パイロットの勤務サイクル

航空学生を経てパイロットになった者は、海上自衛隊に入ってからその殆どをパイロットとして、或いは飛行に関係ある配置で勤務しますが、防大及び一般大学を経てパイロットになった者は、そうではありません。

教育航空隊を修業して配置された最初の部隊での勤務を除き、概ね2年サイクルでパイロットの配置とパイロットとは全く関係ない配置を繰り返します。
私の例を紹介しますと、教育航空隊を修業後初めて配置された部隊で4年、その後、艦艇部隊の研究開発部隊に2年、その後、パイロット配置に2年、後、学生に1年、後、パイロット配置に2年、後、海上幕僚監部に2年、と言う具合です。

最初の部隊が4年と長いのは、パイロットとしての技量を定着させるため一人前の機長になるまで転勤させないためです。
海上幕僚監部には、4回勤務しましたが、最初の仕事は予算、次が日米関係、3回目がOR(オペレーションリサーチ)関連、最後が監察でありました。
このように、ヘリコプターのパイロットになったとはいえ、海上自衛隊での業務は様々でありました。