山下塾第4弾

山下 輝男

第1回 我が国のテロ対策の現状と課題

開講に当たり
 山下塾第4弾として、「我が国のテロ対策の現状と課題」をテーマに皆様と共に色々と考えてみたいと思います。概ね月一回を基準に配信したいと考えています。
各界の主要テーマは次のように考えています。
第1回 テロの概念と内外のテロ事件の概要
第2回 我が国のテロ対策全般
第3回 国民保護法とテロ
第4回 核セキュリティ、バイオテロ等
第5回 サイバーテロ
第6回 その他のテロ対策、テロ対処部隊等
第7回 国際テロ対策
第8回 我が国のテロ対策の課題(脅威と課題1~3)
第9回 我が国のテロ対策の課題(課題4~7)
第10回 我が国のテロ対策の課題(課題8~10)及び終りに


第1回 講座
1 テロの概念
  テロとは何でしょうか?テロと犯罪は違うのでしょうか?反体制派から見ればテロは正義なのでしょうか?テロとの戦いと云われますが、テロは戦争なのでしょうか?定義化の試みが種々なされているようですが、未だに確定されてはいません。立場によって色々な思惑が交錯しているからに他なりません。我が国の関係法令から判断すれば、下記スライドのような事が云えるのではないでしょうか?政治上の目的を達成する為、不安や恐怖心を掻き立てるべく、対象を殺傷する或いは破壊する行為と云えるでしょう。グローバル化によりテロの手段も多様になり、普通の隣人がある日突然にテロリストに豹変することも在り得るのでしょう。日本人の多くはテロは外国から入ってくるものだと漠然と思っているのではないでしょうか?
 特定国家或いは準国家の積極或いは消極的関与がある場合にはテロと云ってもいいのではないでしょうか?何れにしてもテロというのは意外に捉え所がないということが解って頂けたでしょうか。

 

2 日本におけるテロの定義について
 幾つかの法律に「テロ」と考えられる語彙の定義があります。法律の目的によりニュアンスの違いがあるようですが、本稿では自衛隊法の定義を紹介しましょう。隊法81条の2 は自衛隊の警護出動に関する条項ですが、そこでは下記スライドの様にに示されています。
3 日本におけるテロ事件等
 日本で起きたテロと云えば、平成7年3月の地下鉄サリン事件を思い出される方も多いことでしょう。斯く云う私は当時陸自中部方面総監部の防衛部長で阪神淡路大震災対応に当たっていましたが、我が管内でも幾つかの異臭事件があり、対応に追われたものでした。また、私共の年代の者にとっては左翼過激派が起こした事件は忘れる事ができない事柄です。北朝鮮による拉致も一種のテロなのでしょう。
 また、最近ではサイバー攻撃も頻発しており、サイバーテロの様相を呈しつつあるのではないでしょうか?更には海外において日本人がテロに巻き込まれる事案も起きており、本年1月のアルジェリア人質拘束事件では、日本人10名もの尊い人命が奪われました。
 日本のテロ事件の概要と地下鉄サリン事件を下記スライドで示します。
 地下鉄サリン事件等では、純度がさほど高くないとは云え、化学兵器に使用される神経ガスサリンが初めて使用されました。
 想定外の事態に無防備で救助活動をせざるを得ず、痛ましい二次被害が起きたのです。
 サリン事件の反省から消防や警察に特殊武器対処用の装備が配備され新たな部隊を創設されました。その概要は、追って説明します。
 日本に対するサイバー攻撃等の状況は下記スライドの通りです。サイバー攻撃の怖さは、2010年7月のイラン核関連施設の制御システムへのSTUXNET攻撃と云わるものでしょう。日本に対する攻撃では標的型と云われるものが多くなっているようです。
 海外でテロに巻き込まれたケースとしてアルジェリア人質拘束事件を見てみましょう。
4 外国におけるテロ事件等
 ある統計によれば、年間世界で発生したテロ事件は、10,000件を上回っており、2011年の被害者は70ヶ国45,000人である。テロ発生件数の35%が爆発物使用事件であるとも言われている。この数字に驚かれる方も多いのではないでしょうか? 日本人はテロを対岸の火事視しているのではないでしょうか?
 9.11米国同時多発テロ事件以降の主要なテロを下記スライドに示しています。記憶に新しいところでは、100年以上の歴史ある有名なボストンマラソンにおけるフィニッシュ地点付近における爆発テロ事件ですね。2020年の東京オリンピックは大丈夫でしょうか?
 これらのテロの脅威に対して、国際社会は手を拱いていた訳ではありません。国連安保理で真摯な議論が行われ、且つ又次回説明しますがテロ防止関連13条約を結びました。
 サイバー空間での脅威は正にサイバー戦争と呼んでも良いのではないでしょうか?
 核物質や生物剤によるテロが起きる可能性は否定できないですね。
第一回講座を終わります。
次回は、我が国のテロ対策全般についてお話し致します。乞うご期待。

お勧め記事: 防衛駐在官と危機管理