海軍爺さんの 「これでいいのか?日本!!」
第47回(最終回) 戦略と国益 ('11.12.08.)

海軍爺さん

 民主党は政権についてから、盛んに戦略とか国益とかを言うようになった。国家戦略室を作ったりして宣伝しているが、戦略の意味を本当に知っているだろうか?戦略は主として戦争に関係するものであり、戦略、戦術、戦闘、戦場、戦艦、戦車、戦闘機等々数え切れない位「戦」の宇を付けたものがある。国家戦略室では第一に軍事、第二に外交を長、中期的に検討策定する部署かと思っていたところ、この最も大事なものがポカリと抜けている。金融とか経済を論ずる前に、先ず基本を固めるべきではないか! これでは「佛作って、魂入れず」になってしまう。
 また、国益についても、どこの国の国益を考えているのかわからないような事態が頻発している。例えば尖閣諸島沖の漁船衝突事件でも、日本のことを考える前に支那のことを考え検察、海保を押さえて漁船や船長を支那に返すような非国民的な暴挙をやった仙谷然り、又野田などは北鮮関連の団体から献金を受け、こちらからその団体に大金を寄附したり、100年前から保管していた朝鮮王朝儀軌を返却したりで、南鮮の言いなりではないか! 一言でも返却の条件として「反日活動をやめろ」とか「竹島の不法占拠をやめて返却せよ」とか言わずにまるで属国のような態度に腹が立つ。奴等は日本人ではなく、支那や南北鮮のエイジェントではなかろうか!早く民主党政権を潰せ!!

(第47回了)


メ モ

 この度の分は、大半が皮肉や批判的な事が多かった。俺のようなボケ老人にカレコレ言われるような情けない、心もとない政権や政党さらに国民であって欲しくない。眞剣昧も、逞しさも、凛凛しさも、気概もない先送りの投げやり的な無責任体制が続けば、いよいよ日本が底なし沼に沈んで行く気がしてならない。これを何とか食い止めようと浅学非才の身でやってはいるか、知れたもんだ。国を思う士はそれぞれに頑張って頂きたい。
 俺の意見は、新聞、テレビ、月刊誌、週刊誌、単行本や友人との交流の中で感じたことである。果たして正確に眞相を掴んでいるかどうか? おかしいと思われる点があったらボケ老人のタワゴトと笑って下さい。

(完)