北方領土ビザなし交流に参加して

長谷川 洋

はじめに

 本年7月10日、ビザなし交流で北方領土を訪ね、択捉島天寧村に近い丘の上から単冠湾(ヒトカップ湾)を臨んだ。濃い霧で全貌が見えない代わりに、昭和16年11月26日に、ここから真珠湾に向けて出撃していった海軍機動部隊約30隻が択捉島の雪景色を背景に投錨し、出撃準備に余念の無い各艦の間を小型艇が忙しく行き交う姿を思い浮かべた。私にとってビザなし交流は、昭和16年以来の日本を振り返る旅でもあった。


(霧の単冠湾)

1 昭和16年11月

 当時の連合艦隊の動きを振り返ってみたい。11月5日付け大海令第1号により、12月上旬開戦の作戦準備が下令された。11月17日佐伯湾の機動部隊旗艦「赤城」艦上で壮行会が挙行され、山本連合艦隊司令長官から、「征途を祝し成功を祈る」との訓示。赤城は翌18日に佐伯湾を出港し単冠湾へ向かう。各艦は内地を出港と同時に無線封止とした。
 「赤城」は22日に単冠湾に入港したが、空母「加賀」は水深が12~17mの真珠湾で使うための航空機用浅沈度魚雷100本と三菱兵器製作所の技術者を佐世保で積み、一日遅れて入港した。
 空母6隻(赤城、加賀、蒼龍、飛龍、瑞鶴、翔鶴)を含む30隻の艦船と搭載航空機380機からなる第1航空艦隊の指揮官等は11月24日に旗艦に集合、南雲司令長官の訓示で12月8日真珠湾攻撃を示達された。前述のように機動部隊は翌11月26日朝、単冠湾を出港し一路真珠湾を目指す。
 浅沈度魚雷の最終点検を終えた技術者は加賀を離れるが、12月8日まで単冠湾で外出禁止とされた。

(出撃前夜の「赤城」士官室」http://kate97.blog.so-net.ne.jp/2010-11-21より引用)

 70年前、単冠湾の機動部隊には、日本の国運をかけていよいよ米英と戦端を開く緊張と不安が交錯したであろう。そして何にも勝って祖国のためにという真っ直ぐな使命感と日本男児としての矜持があったであろう。写真の士官たちの顔は淡々とした中に闘志を燃やしているように見える。
 大東亜戦争の戦場で、また国内各地で軍民とも多数の命が失われたが、尊い犠牲に対する慰霊と感謝を忘れかけたのが今の日本ではないであろうか。戦争はしない方がいいに決まっているが、なぜ日本は大東亜戦争を始めなければならなかったのか、日本人の全てが、しっかり歴史を学び、真実を見極めなければならない。マッカーサー元帥でさえ大東亜戦争は日本の自衛戦争であったと米議会で証言したにも拘わらず、残念ながら日本の学校教育では、我々の父祖は侵略戦争をした、悪いことをしたとしか教えない。靖国神社はA級戦犯が合祀されているので行けないと、今年の終戦記念日も総理はじめ一人の大臣も参拝しなかった。散華された英霊に合わせる顔がない。

2 根室にて

ビザなし交流のスタートは、訪問団の集合地で事前研修会が開かれた根室である。この町を歩いて、道路標識や商店の看板に日本語とともにロシア語が併記されているものが多いことに驚く。ここが日本からの北方領土訪問、北方領土からのロシア人受け入れの拠点となっていることを象徴している。

(根室市内の道路標識)

根室は、1783年に白子港(三重県鈴鹿市)を出た大黒屋光太夫が、アリューシャン列島のアムチトカ島(アッツ島・キスカ島の南東、現在は米国アラスカ州に属する。)に漂着の後、紆余曲折を経て10年後の1792年に帰国した地でもある。やっとの思いで辿り着いた、ここ根室で光太夫達は何を考えたであろう。高潔な人格と優れた統率力からロシア人からも一目おかれた光太夫が今の日本を見たとすれば、当時の貧しい日本人の方がずっと人間らしく清い心と高い誇りを持っていたと言われそうである。

3 北方領土へ

東西冷戦の真只中でソ連の原潜に対抗するため訓練を重ねた海自OBの私には、北海道東岸沖の航行も今回が初めてであったが(海自艦艇は時々通航)、国後水道を北に抜けたオホーツク海はソ連海軍潜水艦のバスチョン(要塞)とも聖域とも呼ばれた海で、今でも胸に緊張が走る。ソ連原潜対策は思い出話になったが、明確な目標を持って戦術技量を磨いた成果は、現在の海自にも受け継がれているものと信じている。

4 北方領土の現状

(1)友好の家
 艀(はしけ)に乗って、国後島の古釜布港に上陸。岸壁には20両近い四輪駆動車が並ぶ。見事に全部が日本の中古車である。2~3人ずつ分乗して友好の家(いわゆるムネオハウス)へ。民族衣装の娘さんが、ロシアの習慣だというパンと塩で歓迎してくれる。国後島での交流を終えて開かれた夕食交流会の会場もここであった。食事は前菜だけでお腹が一杯になり、残念ながらメインディッシュには手が出せない。択捉島での交流食事会でも有り余るほどの料理と飲み物でもてなしてくれた。ロシアではとにかくお客を満腹にさせることが一番の歓迎とされていると聞いたが、本当に量が多い。

(ムネオハウスでパンの歓迎)

(2)レーニン健在
 行政府を訪問すると、玄関前の広場を挟んでレーニン像が鎮座している。ソ連が崩壊したとき、民衆がレーニン像を倒す姿が印象的であったが、ここはまだソ連時代の古い体質が変わっていないことを示すようで警戒感を持たざるを得ない。北方領土のロシア国民一人一人にとってソ連からロシアへの体制変化はどんな意味と影響を持つのであろうか。軍人や公務員にとっては、給与がソ連政府からか、或いは、ロシア政府からかが違うだけで、毎日の生活に極端な変化は無かったのではないか。一般の国民は黙々かつ淡々と日々の生活を送っており逞しさを感じた。次期大統領選に再出馬が噂されるプーチン首相もKGB出身であり、ロシア連邦保安庁に名前を変えた現在もKGB時代の体質は変わらないのかも知れない。

(行政府前のレーニン像)

(行政府の建物とレーニン像、横の重機は日本製)

(3)クリル発展計画
 古釜布港では桟橋の整備とともに船の旅客ターミナルを建設中である。また、昨年来メドベージェフ大統領やイワノフ副首相が国後訪問で使ったと思われるメンデレエフ空港も整備を進めており、海、空からのアクセスを充実させようとの意図が見て取れる。経済交流、観光等の振興を目論み韓国等との接近も報じられているほか、つい先日は北朝鮮の金正日総書記がロシアを訪れた。ロシアは好調な経済を背景に北方領土開発を進めるとともに、軍事・経済両面でアジアへの影響力を増しつつある。
 以前も交流に参加した団員は、来る度にインフラ整備が進むのを見て返還が遠のくように感じられると漏らしていた。

(4)道路事情
 国後、択捉ともに道路が舗装されておらず、特に居住地区をはずれると凸凹で、もうもうと土煙をあげ、揺られながら移動する。天寧に移動の際はトラックバスに乗車した。その名のとおり座席付きのトラックで、スクールバスもこのタイプだという。シートカバーはところどころ破れ、サスペンションが悪いのか道路が悪いのか、つかまっていないと座席から落ちてしまうほどの振動であった。この頑丈な車を作ったので道路を整備しないのだとドライバーが自嘲気味に語っていた由。

(パンクしたトラックバス)

(5)住宅、商店
 住宅はところどころに新築家屋が目に付くものの、まだまだ古い二階建てか三階建ての木造の集合住宅が大勢と思われた。特に天寧で見た家屋はかなり傷んでおり、正直なところ人が住んでいるのか、廃屋なのか迷うくらいであった。北方領土に移住させるために住宅の提供、年金の優遇等が図られたと伝えられている。
 街中には看板が殆どなく、私にはどの建物が商店かも見分けが難しい。品揃えは豊富で日本のカップラーメンも並んでいる。国後、択捉の中心区域でも一部を垣間見ただけであるが、映画館も繁華街も見当たらない。択捉島の中心である紗那(しゃな)から70km近く離れた天寧村は人口が約60人とのことで、商店は一軒もなかった。

(単冠湾に近い天寧村の住宅)

(天寧の子供達)

(6)生活
 服装は、渋谷や新宿のような具合には勿論いかず全般的に地味である。ソ連崩壊で給与が滞っていた頃は、継ぎの当たった服を着てみすぼらしかったと通訳から聞いた。住民が互いに助け合ってなんとか急場を凌いだとのこと。
 天寧を13人もの日本人が訪れるのは初めてだと村を挙げて歓迎してくれた。小さな子供が「こんにちは」と日本語で話しかけてくれ驚きと嬉しさを感じた。何人もがビザなし交流で日本を訪問しており、女性の校長先生は4回も日本に来たとのこと。
 日本は北方領土に医療支援も実施しており、根室から国後への往路では、日本で治療を受けたロシア人の男の子と父親が船に同乗していた。今回の交流団と同じ行程で日本の医療専門家が北方領土の医療の現状を視察しており、最近は病院の施設も薬剤もかなり充実してきたと話していた。それでも日本の高度の医療が大きな助けになっていることに変わりは無く、行政府でも日本の医療支援に感謝の言葉を述べていた。
 国後でも択捉でも携帯電話が普及しており、多くはないが、小学生でも携帯電話を持つ子もいる。乳母車を押す若い母親も多く、北方領土を故郷とするロシア人がどんどん増えつつあることを思い知らされる。天寧で食事の世話をしてくれた中年女性2人に出身地を尋ねると、一人が天寧でもう一人は色丹出身との答え。戦後66年、日本人が強制退去させられて63年が経っており、占拠の歳月の長さを思わずにいられない。

(7)女性の社会進出
 国後の地区議会副議長、択捉の地区議長、天寧の村長・校長・図書館長のいずれも女性であった。ビザなし交流の対応に特に女性が当たるように画策した訳ではないように思われるので、これがロシアの現状であろう。訪れた先のどこでも女性が元気で発言も多く、逆に男性の影が薄い。日本政界での女性はまだまだ少数であるが、今後は増えるであろうか。

おわりに

領土問題をどうするべきか。我が国は戦後66年もの間、米国の後ろに隠れてロシア、韓国や中国の顔色を窺い、口先だけは領土についての主張をしてきた。しかし、それでは腰が据わっていないことを見透かされ一歩も前には進めなかった。領土は国の成り立ちの基本である。わが国固有の領土が不法に占領されている意味からは、フォークランドを守ったサッチャーの英国の姿勢を見習うべきだが、それには何十年も時機を逸している。さらに、平時から領土、領海における主権の侵害を防御、排除する役割と権限を規定する領域警備法を定めていない。したがって、例えば尖閣諸島にゲリラが侵入しても、防衛出動が下令されない限り、防衛力により主権の侵害を排除できない情けない状況である。このように、我が国は主権の確保についてナイーブな国家である。
 領土問題の進展を阻んでいるのは、古くから言われている、右手で握手し左手に棍棒という外交の冷徹な現実に目をつむり、「本当は返して頂けないと思いますが、一応言っておきます」という、形だけの交渉しかしてこなかった我が国の対応にある。そして私達国民も、「北方領土を返せ、竹島から出ていけ」と国を挙げて真剣に主張してこなかった現状を、実は許容してしまっているせいではないだろうか。
 領土問題を前進させるためには、まず、日本人一人一人が大東亜戦争の歴史を正しく学び、北方領土が不法に占領されているという事実をきちんと認識することが欠かせない。さらに、国家の背骨たる自衛隊を国軍として位置付け、他国による我が国主権の侵害に対しては断固これを排除するという強い意志と姿勢を世界に示すことが肝要である。我々自身が変わることによってマスコミ、政治家、官僚を変え、日本の国柄を改める気の長い努力が求められている。