広島土砂災害・救助犬出動報告ー現場からの緊急レポート

チャンネルNippon編集局

 8月20日未明に発生した広島市の土砂災害は23日発生後72時間を迎えましたが、死者42名行方不明者45名という大災害の状況下必死の救助活動が続いています。
 今週末にかけてこの種災害時の常として、全国から続々とボランティアの人々が現地に参集しているとの報道。
 しかしながら、災害発生直後から警察・消防・自衛隊という公的機関と一緒になって行方不明者の捜索活動を行っている民間ボランティアの一群が居ます。全国各地から馳せ参じた災害救助犬チームです。発生2日目時点でその総数は33名25頭にも達しました。一方、公的機関から出動したのは海上自衛隊呉地方隊の災害救助犬2頭のみです。
 これら民間救助犬の活動については、新聞・TV 等のメディアでは殆ど報道されないばかりか、NHKでさえ民間ボランティアの救助犬を誤って「警察犬」と報道する始末。

 チャンネルNippon ではこれらボランティア災害救助犬に焦点を当て現場からの緊急レポートを配信します。