広島土砂災害・救助犬出動報告ー現場からの緊急レポート
その4

レポーター: RDTA NPO法人救助犬訓練士協会 救助犬出動第2陣リーダー 村瀬英博


8月22日金曜日
1810 村瀬英博(リヒト号)、村山健太(ハイジ号)・村瀬裕太(マニー号、ジュニア号)の3名4頭は
    神奈川県藤沢市のRDTA本部から羽田に出発
1910 羽田着、犬4頭のJAL機への搭乗不可能となる
1940 羽田から藤沢市の本部に戻る
2100 車両で本部出発

8月23日土曜日
0706 広島・現地本部到着
0940 マニー号捜索
    ハイジ号捜索
    リヒト号捜索
    ジュニア号捜索
    成果: 生体反応なし
1000 八木4丁目Sさん宅へ移動
1032 マニー号捜索
    リヒト号捜索
    周辺をハイジ号捜索
    マニー号捜索
    Sさん宅の下ジュニア捜索
1115 終了
    成果: 生体反応なし
待機
1600 Kさん宅に向け徒歩で出発
1700 マニー捜索
1740 救助活動終了
1810 朝一番の現場に車両で出発
1830 ハイジ号捜索
    リヒト号 Sさん宅捜索
    成果: 後日、犬が強く鼻を使い興味を示した場所よりご遺体が発見された
1908 撤収
宿舎へ移動、食事就寝

8月24日日曜日
0330 起床
0400 本部へ出発
0440 本部到着
情報収集 待機
1210 徒歩出発
1222 現場着
    マニー号捜索
    ハイジ号捜索
    周辺をリヒト号捜索
    マニー号捜索
    ハイジ号捜索
1250 捜索終了
    成果: 後日、犬が強く鼻を使い興味を示した場所より三名のご遺体が発見された
1310 現地を撤収し本部出発

8月25日月曜日
0040  RDTA八ヶ岳救助犬訓練センター着
0200  藤沢市のRDTA本部着