平成27年度自衛隊観艦式乗艦取材記
(FLEET REVIEW 2015)

チャンネルNippon編集局 山村 洋行

観閲艦・護衛艦「くらま」

 平成27年10月18日(日)、相模湾において平成27年度自衛隊観艦式(以下「27観艦式」と略記)が挙行されました。
 日本における観艦式の歴史を紐解きますと、「観艦式」との言葉が使用されたのが明治33年神戸沖において行われた帝国海軍の大演習観艦式です。ちなみに、帝国海軍最後の観艦式(第19回)は、昭和15年横浜沖における紀元2600年特別観艦式であり、艦艇98隻622,000トン、航空機527機が参加する壮大なものでありました。
 海上自衛隊における観艦式は、昭和31年に「自衛隊記念日」が定められ、翌昭和32年に自衛隊記念日行事の一環として行われることとなったもので、27観艦式は第28回目となり、参加艦艇は海上自衛隊36隻に加え、アメリカ2隻、オーストラリア、フランス、インド、韓国各1隻の合計42隻、参加航空機は海上自衛隊始め陸上自衛隊及び航空自衛隊並びにアメリカの合計39機でありました。

以下、27観艦式の概要を紹介しますが、艦艇等の写真については別途写真集を配信することとし、本稿では最小限の掲載にとどめることとします。

観閲官乗艦

 観艦式のメインイベントは「観閲」です。(次図、赤点線の囲みで表示)
 11:00「観閲」に先立ち、観閲官・安倍内閣総理大臣がヘリコプターにて観閲艦「くらま」に乗艦しました。


観閲開始

 12:00観閲開始、受閲艦艇部隊(水上艦艇及び潜水艦)は西に向かって航行する観閲部隊及び観閲付属部隊の間を東進(反航)、乗組員が甲板に整列し観閲官に敬礼、観閲を受けます(登舷礼)。
 受閲艦艇部隊は旗艦「あたご」(護衛艦隊司令官座乗)を先頭に第1群~第7群・護衛艦5隻、潜水艦3隻、掃海母艦1隻、掃海艦2隻、掃海艇3隻、補給艦1隻、輸送艦1隻、LCAC2隻、ミサイル艇3隻の合計23隻であり、これら艦艇が順次、観閲を受けました。
 受閲艦艇部隊に引き続き、護衛艦「いかづち」が先導する外国艦艇(オーストラリア、フランス、インド、韓国の各1隻、アメリカ2隻の合計6隻)が祝賀航行を行いました。



護衛艦「いずも」

 艦艇部隊の観閲、祝賀航行が終了すると航空機部隊の観閲が行われます。海上自衛隊16機、陸上自衛隊4機、航空自衛隊6機の計26機が観閲部隊の後方(東側)から飛来、観閲を受けました。また、引き続き米軍機2機による祝賀飛行も行われました。


オスプレイ

 「観閲」は12:00から約30分間行われたのですが、秒刻みのイベントが威風堂々展開され、海上自衛隊の高い士気を感じることができました。洋上において多くの艦艇が航行しながらのイベントは容易にできるものではなく、各国においては艦艇が航行することのない停泊しての観艦式が主流となっています。この点から見ても海上自衛隊のスキルが極めて高いことが言えると思います。


米海軍空母「ロナルド・レーガン」

 前後しますが、観閲開始直前、日米共同訓練に参加中の米海軍空母「ロナルド・レーガン」が部隊の南側を航行、観閲官に敬礼を行いました。「ロナルド・レーガン」は空母「ジョージ・ワシントン」の交代で横須賀に配属された艦で東日本大震災の際、「トモダチ作戦」に従事、被災地の支援に当たったことは記憶に新しいところです。日米の強固な絆を示す光景でした。なお、安倍総理は観艦式終了後、ヘリコプターにて「ロナルド・レーガン」に移動、同艦を視察しました。総理大臣が米海軍の空母に乗艦するのは初めてのことです。


「ロナルド・レーガン」から敬礼を受ける安倍総理



護衛艦「しまかぜ」による祝砲発射

「観閲」が終わりますと観閲部隊及び観閲付属部隊は180度針路を変換、東に向かいます。東への針路が設定すると「訓練展示」が行われます。
 護衛艦「しまかぜ」5インチ砲による祝砲発射、護衛艦3隻による戦術運動(隊列を組んでの一斉針路変換等)、潜水艦による潜航・浮上、LCACの高速航行、さらにミサイル艇のIRデコイ発射と高速航行など艦艇による息もつかせぬ「訓練展示」が行われました


哨戒機P-1によるIRフレアー発射

 艦艇による「訓練展示」が終わりますと、航空機による「訓練展示」に移行します。対潜爆弾投下、IRフレアー発射と、迫力のあるイベントでした。


ブルーインパルス

最後には航空自衛隊ブルーインパルスによる見事な編隊飛行が披露され、鮮やかな桜の花の模様などが艦隊上空に描かれました。


ブルーインパルス



観閲官訓示

 迫力満点のイベント終了後、観閲官・安倍内閣総理大臣の訓示が行われました。訓示を要約すると以下のとおりで、自衛隊員への思いはもちろん、観艦式参加外国部隊への謝意、さらには自衛隊員の家族へのメッセージが盛り込まれた、自衛隊最高指揮官を強く意識された内容でありました。


* 堂々たる艦隊、航空機、高い練度を示す隊員の凛々しい姿に接し、自衛隊の最高指揮官として大変心強く、頼もしく思う。
* 困難な任務に就く道を自らの意志で進み自衛隊員となった諸君は、日本の誇りである。
* 観艦式参加外国部隊への謝意並びに米空母「ロナルド・レーガン」への歓迎。
* 平和安全法制は国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜く法的基盤であり、積極的な平和外交も今後一層強化する。
* 自衛隊員を送り出してくれている家族に対し、自衛隊最高指揮官として感謝。

訓示の最後は次のように締めくくられました。

 隊員の諸君。諸君の前には、これからも荒れ狂う海が待ち構えているに違いない。しかし、諸君の後ろには、常に諸君を信頼し、諸君を頼りにする日本国民がいます。私と日本国民は、全国25万人の自衛隊と共にある。その誇りと自信を胸に、それぞれの持ち場において、自衛隊の果たすべき役割を全うしてください。大いに期待しています。

平成27年10月18日 自衛隊最高指揮官 内閣総理大臣 安倍晋三


観音崎からの祝砲発射

 観艦式実動が終了、参加艦艇が東京湾を航行し観音崎に差し掛かる際には、観艦式を祝う観音崎礼砲台からの祝砲発射がありました。
 礼砲についてすこし説明しておきます。海軍艦艇は外国を公式訪問する際、艦艇と訪問国陸上砲台との間で礼砲を交換し、敬意を表すことが国際儀礼となっています。
 日本では三浦半島東端の観音崎に海上自衛隊が管理する礼砲台があり、(有名な観音崎灯台のすぐ近く)我が国を公式訪問する外国海軍艦艇との間で礼砲交換を行います。
 27観艦式においては、観艦式参加のため、東京湾を航行し横須賀港等に入港したオーストラリア、フランス、インド及び韓国海軍の艦艇との間で礼砲交換が行われ、また、リハーサルを含めた観艦式実動においては初めて祝砲として発射されたもので、観艦式をさらに盛り上げました。
 以下は、27観艦式での観音崎礼砲台の状況です。
http://matome.naver.jp/odai/2144516635306940301/2144517215212771503


 以上、27観艦式は好天に恵まれ順調に経過しました。観艦式は一般市民の自衛隊への理解を深める絶好の機会であると思います。 多くの国民の最大の関心事となっている平和安全法制の理解にも役に立つのではないかと思います。平和安全法制の施行により、自衛隊の任務行動における自由度と国際社会における地位は格段に向上し、日本の安全保障は飛躍的に確かなものになるものと考えています。
海上自衛隊、とりわけ艦艇部隊の行動は一般市民の目に触れることはほとんどありません。今回のような観艦式あるいは体験航海などを通じて、ひたすら任務完遂を目指す隊員に接してもらいたいと思っています。

(追記1)
 27観艦式は10月18日に行われましたが、これに先立ち、10月12日及び15日に事前公開(観艦式リハーサル)があり、多くの方が艦艇に乗艦、観艦式さながらのイベントを体験しました。
 また、海上自衛隊は10月10日から17日を「FLEET WEEK」として、海上自衛隊シンポジウム、停泊中の艦艇の一般公開、艦艇のイルミネーション、音楽隊ライブ演奏など観艦式付帯広報行事を行いました。
 さらに、今年は横須賀市において横須賀製鉄所(造船所)創設150周年記念事業が行われていることから、「FLEET WEEK」期間中、横須賀市主催のイベント(海上自衛隊カレーフェスタ、横須賀パレード及び海上自衛隊バンドフェスティバル)に参加、一般市民との交流にも大きく貢献しました。  

(追記2)
 観艦式リハーサルに参加される方が乗艦受付前に乗艦券を海に落とす、という事案がありました。乗艦券がありませんと乗艦できないのですが、ゴムボートで海面警戒に当たっていた隊員が、その騒ぎを聞きつけ躊躇することなく海に飛び込んで乗艦券を拾い上げ、その方にお渡し、何事もなかったように元の任務に戻りました。(隊員はウエットスーツを着用)隊員の迅速かつ丁寧な行動に、しばらくは拍手喝采だったそうです。

(追記3)
 27観艦式の観閲艦は護衛艦「くらま」でした。観艦式の観閲艦は例年、護衛艦「しらね」又は護衛艦「くらま」が務めていました。
 護衛艦「しらね」は本年3月退役、護衛艦「くらま」も平成29年には退役となることでしょう。その流麗なフォルムで多くの方に愛されてきた護衛艦「くらま」、観艦式での見納めとなりました。

(追記4)
 観艦式当日の動画を次のURLで見ることが出来ます。
政府インターネットテレビ:http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12556.html?t=104
YOUTUBE(LIVE中継の再生):https://www.youtube.com/watch?v=93Bhx588xhs
(了)