吹奏楽への足跡ー海軍軍楽隊から海上自衛隊の音楽隊へ(2)

齋藤丑松

実はこのコーナーは、筆者が東京音楽隊のファミリー・コンサートで齊藤が作曲した行進曲「足柄」を聞いたのがきっかけでした。
齊藤丑松は、大正元年12月24日茨城県猿島郡新郷村(現在は古河市に合併)に鹿倉浅之丞の4男として生まれ、昭和14年1月齊藤家に養子縁組し改姓しています。
齊藤は昭和4年6月1日、海軍4等軍楽兵として横須賀海兵団に入団し、ホルンを専攻していました。
昭和7年11月から海軍省軍楽術練習生として東京音楽学校(現東京藝術大学音楽学部)に派遣されています。
昭和11年4月に発表された最初の行進曲「空軍の威力」を皮切りに、海軍軍楽隊の作曲のオーソリティーとして実力を発揮し、軍楽隊関係者の間では「鹿倉節」と呼ばれる独特の旋律とリズムの作品を数多く残しています。
昭和6年には2等軍楽兵として練習艦隊軍楽隊員に選抜され地中海方面の遠洋航海に参加し、また昭和12年には、英国王ジョージ六世の戴冠式記念観艦式参加のため派遣された重巡洋艦「足柄」乗り組み軍楽隊の一員にも選抜されています。
この英国派遣の時に得た情感から行進曲「足柄」が生まれています。
昭和16年9月、海軍軍楽兵曹長に昇任し、支那方面艦隊軍楽隊勤務として一時、東京派遣所から離れたほかは、常に中央において作編曲に従事し、海軍軍楽中尉で終戦を迎えています。

戦後、齊藤は吹奏楽界の表に出ることはなく、ひたすら音楽の個人教授に専念していました。しかし、齊藤の創作意欲は最後までいささかも衰えることはなく、平成6年1月には病床にありながらも行進曲「あこがれの海」を完成させました。
同年、転地療養先の高知県土佐清水市で行進曲「海」ほか2篇のスケッチを残したまま6月4日に逝去しました。享年81歳でした。

行進曲「海の進軍」

齊藤丑松の作品から最初に取り上げますのは、行進曲「海の進軍」です。
読売新聞社撰歌の海老名正男作詞・齊藤丑松作曲の同名の歌をトリオに入れた行進曲で、昭和16年7月19日に日比谷公園大音楽堂において、内藤清五指揮の海軍軍楽隊によって初演されています。
同じ歌詞に古関裕而が作曲した同名の海軍省撰定歌があります。

行進曲「海の進軍」の楽譜

行進曲「軍艦旗」

2曲目は行進曲「軍艦旗」です。
日本海軍の軍艦旗は、明治22年10月7日に制定され、同年11月3日から施行されてきました。
その軍艦旗の制定50周年を記念して作られた佐佐木信綱作詞・瀬戸口藤吉作曲の「軍艦旗の歌」をトリオに入れたのがこの行進曲で、昭和13年10月に発表されました。 制定50周年目の昭和13年11月3日、海軍軍楽隊は行進曲「軍艦旗」を吹奏しながら、陸戦隊一個大隊と東京市内において大行進を実施しました。
その夜、内藤清五指揮の海軍軍楽隊の演奏が全国放送され、盛大に50周年記念日を祝いました。

行進曲「軍艦旗」の楽譜

行進曲「紀元二千六百年」

昭和15年は皇紀2600年にあたり、様々な記念行事が行われました。
その中で生まれたのが次に取り上げる行進曲「紀元二千六百年」です。
皇紀二千六百年の記念事業を盛り上げるため、紀元二千六百年奉祝会及び日本放送協会制定として作られたのが、増田好生作詞、森義八郎作曲の奉祝国民歌「紀元二千六百年」です。
この歌をトリオに入れた行進曲です。

行進曲「紀元二千六百年」の楽譜

行進曲「太平洋」

最後は行進曲「太平洋」です。
大阪毎日新聞社と東京日日新聞社が、昭和14年2月に全国募集して作った横山正徳作詞、布施元作曲の「太平洋行進曲」をトリオに入れた行進曲です。
最初の海軍省撰定歌ということで、同年5月7日、甲子園球場において内藤清五軍楽長指揮、海軍軍楽隊の演奏で大々的な発表演奏会が行われました。

行進曲「太平洋」の楽譜

田中穂積

次に取り上げるのは、海軍軍楽長(少尉相当官) 田中穂積です。
田中は山口県の出身で安政2年11月24日に誕生し、明治6年5月31日 海軍軍楽隊入隊、明治37年12月31日に病没しました。最後の配置は佐世保海兵団軍楽長でした。
2つの記事をもって田中穂積を紹介したいと思います。

「名曲と田中穂積軍楽長」
〝美しき天然〟碑建設へ
歌曲『美しき天然』が佐世保の海と山のなかで作曲されたことを記念し、広く世間に伝えるため『美しき天然』顕彰会(会長山中辰四郎氏)は顕彰碑を建て大合唱団を編成し、美しき天然デーを設けてこの歌が広く西海路にしみわたるように計画している。

『美しき天然』は元御歌所寄人武島羽衣氏の作詞で、明治三十五年佐世保海軍鎮守府軍楽長田中穂積氏が作曲したもの。当時田中氏が私立佐世保女学校の音楽教材として武島氏の詩を選び佐世保の美しい海と山のなかに楽想を練って作曲したものといわれ、このいきさつは長く地下に埋もれていたが、さる五月、市内有志の間でこの事実が披露され『佐世保の歌』として呼びかけることになった。

顕彰碑は佐世保市街と佐世保港を見おろす烏帽子岳山頂付近に建てられることになり、二十五日午後一時過ぎから山中佐世保市長、北村徳太郎代議士、田中氏をはじめゆかりのある長峰ゼンさん、池田一索氏ら関係者が集まって起工し田中氏の誕生日十一月四日に完工除幕されることになっている。

碑石は縦一・二㍍、横二㍍の自然石を土台に横八十五㌢、縦六十㌢の黒島御影石に作詞者武島羽衣氏の揮毫をはめ込む。工費三十一万円。さらに学生市内合唱団の百名編成の混成合唱を九州交響楽団の伴奏で録音し、また千人編成の大合唱団をつくり西海路にこの歌声を響かせるほか、公民館、婦人団体に呼びかけて家計費を節約してもらって一袋募金、篤志家の大口寄付を求めて顕彰運動を推進することにしている。」
(昭和33年8月26日付『西日本新聞』より)

「如何に狂風」Ikani Kyofu (Under any Angry Winds and Waves)

 海上自衛隊音楽隊在職中、海軍出身者の集いで演奏する機会が多かったが、軍歌演習の希望曲に「如何に狂風」が必ず選ばれていた。この曲になると軍歌係より前に、必ずだれかが“オイッ、この歌は右足から歌いだすのだぞ!”と注意を促した。
行進の場合、歩き出しの第1歩の左足は、強拍であるのに対し右足は弱拍となる。行進曲は、左足の強拍に大太鼓のアクセントがつき、強弱強弱のリズムが生まれる。その弱拍の右足から歌い出す曲を音楽用語で「弱起の曲」と呼ぶ。「元寇」「廣瀬中佐」も、この部類に属する。
「雀百まで踊り忘れず」と例えたら失礼になるが、若い頃叩き込まれた感覚は、終生忘れないのであろう。

「如何に狂風」の作者
「如何に狂風」の作者は、軍歌集では佐戦児作詞、田中穂積作曲となっている。この珍しい作詞者の名前は、この曲のみで他で見ることはない謎の人物である。佐世保に勤務していた海軍軍人のペンネームであろうという説が有力である。明治28年刊行の『大捷軍歌・月の巻』に発表されていることから、当然日清戦争を題材にしたものである。

2番の歌詞の“渤海湾内乗り入れて・・・”から、明治28年2月の水雷艇による威海衛夜襲であることは間違いない。
3番の“空飛び翔ける砲丸に・・・”の砲丸は、威海衛港口の砲台から日本の水雷艇めがけて撃ったものであろう。
同じく“水より躍る水雷に・・・”は、水雷艇から発射されたものであろう。

当時の水雷はまだ不完全なため直進するという保証はなかったことから、ピョンコ!ピョンコ!と海面を躍るように進んでいったのかも知れない。
歌詞全般が描写的であることから、作詞者はこの攻撃に参加して現場を目撃していた者と推察する。

日清戦争における海軍の主要な戦闘は、開戦劈頭の豊島沖海戦、9月17日の黄海海戦、そして清国北洋艦隊に止めを刺した威海衛夜襲である。
豊島沖海戦では東郷平八郎「浪速」艦長が、支那兵を満載した英船「高陞号」を撃沈し一時非難されたが、結果的には国際法上適切な処置として賞讃された。なぜか、この海戦を題材にした軍歌はない。

水雷艇の夜襲により清国北洋艦隊の旗艦「定遠」、巡洋艦「来遠」、練習艦「威遠」が沈没した。「勇敢なる水兵」の三浦虎次郎が叫んだ「定遠」が、大破、着底した写真が残されている。
この戦いの結果、水師提督丁汝昌と共に「定遠」艦長劉歩蟾が自決し、日清戦争は日本の勝利で終結に向かった。

作曲者の田中穂積は日清戦争当時、軍楽師で呉海兵団軍楽隊に勤務していた。
同軍楽隊は大本営が東京から広島に移されたことにより、陸軍近衛師団軍楽隊と交番で明治天皇に対する御前演奏を行っていた。
御製の“頃は菊月 半ば過ぎ・・・”と歌い出す軍歌「黄海の大捷」は、この時に田中軍楽師が作曲したもので、トリオ(中間部)に「勇敢なる水兵」を挿入し「黄海海戦記念行進曲」としている。

田中穂積の名曲「美しき天然」

 田中穂積は多くの名曲を残し、明治36年の練習艦隊に初めて軍楽隊が参加した時の隊長であることからも、技量的には優れたものを持っていたのであろうが、なぜか中央での活躍の場には恵まれなかった。
長州出身ということで薩摩出身者が主力だった海軍軍楽隊の中では疎んじられていたのであろうか。

佐世保が村からいきなり市制を施行した明治35年に、私立の佐世保女学校が開校した。
県立の佐世保中学校が開校する7年前である。女学校はできたものの教師が足りず、海軍士官夫人や小学校の先生に教鞭をとってもらった。
しかし音楽の先生がいなかったことから、軍楽隊に依頼することになった。その教材として作られたのが、武島羽衣の詩に田中軍楽長が作曲した「美しき天然」であった。

滝廉太郎の名曲「花」の作詞者でもある武島羽衣は、妻が熱心なキリスト教徒であったことから一度も佐世保を訪れたことはなかったが、九十九島の美しさを活写したような詩作で、「神」と「自然」を讃美している。
昭和33年11月、佐世保湾を望む烏帽子岳に、作詞者自筆の「美しき天然」の記念碑が建立された。除幕式での演奏は、海上自衛隊佐世保音楽隊が行っている。

山口県岩国市の錦帯橋の脇にある吉香公園には、昭和31年に郷土の名士として胸像と顕彰碑が、地元の田中穂積顕彰会によって造られている。
そして、九十九島と佐世保湾を展望できる展海峰に制服姿の立像が、佐世保女学校の後身成徳高等女学校の同窓生によって平成17年11月17日に建立された。
五つ釦の詰襟で短剣も吊っておらず、当時の軍楽長の軍服としては難があるが、100年以上も隔ててよくぞと感慨を新たにする。」
(元東京音楽隊長 谷村政次郎氏寄稿 世界の艦船『海の軍歌のアンソロジー』より)

「如何に強風」の楽譜

「黄海の大捷」の楽譜