海自創設60周年記念式典における二つの来賓祝辞

昭和27年4月26日、海上自衛隊の前身である海上警備隊が横須賀市田浦の旧海軍水雷学校跡に創設され今年で60年を迎えました。
海上自衛隊では、さる4月26日、第2術科学校で創設60周年記念式典が開催され、式典には執行者の杉本海上幕僚長ら自衛隊の隊員のほか、歴代海上幕僚長らOBや米海軍関係者周辺自治体の長など550人が出席し、海上警備隊として発足して以来、日本周辺海域の安全を護ってきた海上自衛隊の60周年を祝いました。

 式典は国家斉唱に始まり、殉職者への黙とうに続いて杉本幕僚長が式辞を述べました。
続いて、第18代海上幕僚長を務めた佐久間一元統幕議長と慶應義塾大学の阿川尚之教授が来賓の祝辞を述べました。
この来賓二人の祝辞は、いわば職業軍人として職を全うした海自OBと学者・著作家・外交官として適当な距離から海上自衛隊と米海軍を観察してきた部外者という面で好一対をなすものであり、参会者に深い感銘を与えました。

以下、佐久間氏と阿川氏の祝辞全文を紹介します。(提供:防衛省海上幕僚監部広報室)

佐久間OBの祝辞PDF

阿川教授の祝辞PDF