平成23年の初飛行(第1回)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、自衛隊の航空部隊では御用始めの頃にその1年の飛行安全を祈願して、初飛行という行事が恒例となっています。

今回から、この初飛行の様子を各地の空からの風景とともにお届けしたいと思います。
第1回目は、最初に届いた青森県八戸、鹿児島県鹿屋、長崎県大村、徳島県からの初飛行の様子です。

青森県八戸にある海上自衛隊第2航空群では1月5日に初飛行が行われました。

十和田湖上空を飛ぶP3C(海上自衛隊提供)

八甲田山方面を飛ぶP3C(海上自衛隊提供)


鹿児島県鹿屋市にある海上自衛隊第1航空群は1月6日に行いました。ただ、天気には恵まれず曇りの中での実施となってしまいました。

初飛行へタクシーアウトするP3C(海上自衛隊提供)

鹿屋市上空を飛ぶ3番機(海上自衛隊提供)

初飛行に向かうSH-60Jと奥に
既にテイクオフしたOH-6Dが見えます。
(海上自衛隊提供)

鹿屋基地にはP3Cの部隊の他にヘリコプターの教育を行う鹿屋教育航空群があります。
そのヘリコプター部隊の様子も取り上げました。


長崎県大村市の第22航空群は1月5日に初飛行を行いました。ご存じのように第22航空群はヘリコプターの部隊ですので、SH-60J/KとUH-60Jが一斉に飛び立つ迫力あるシーンをどうぞ。

(海上自衛隊提供)

大村湾上空を飛ぶUH-60J(海上自衛隊提供)

大村湾上空のSH-60J/K(海上自衛隊提供)

UH-60JはSH-60Jから発展した救難用のヘリコプターです。平成20年の12月に「空へー救いの翼Rescue Wings」という映画が封切られましたが、その主役は航空自衛他が装備しているUH-60Jでした。


第1回目の最後は徳島県にある徳島教育航空群からの写真です。
徳島教育航空群は海上自衛隊のパイロットを養成するための教育部隊の一つでTC-90という飛行機を使って計器飛行の訓練を行っています。
この徳島にも航空救難隊があって、先に紹介したUH-60Jが配備されています。

鳴門大橋をバックに飛ぶTUC-90の編隊
(海上自衛隊提供)

徳島周辺の海上を飛行するUH-60J(海上自衛隊提供)