「特集・集団的自衛権」

今こそ問う!「集団的自衛権」(5)
-10の本質的論点について香田洋二氏に聞く-

聞き手:山田道雄理事

 当コーナーでは、「賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門」(幻冬舎刊)の著者で、自衛隊第一線部隊指揮官の経歴を持つ元自衛艦隊司令官香田洋二氏に、10個の本質的論点についてインタビューし、1問1答の形で10回に分けて配信します。


香 田 洋 二 氏 略 歴

2006年、佐世保地方総監当時
(ウィキペディアから)

1949年 徳島県出身
1972年 防衛大学校卒(16期)、海上自衛隊入隊
1990年 護衛艦さわゆき艦長
1992年 米海軍大学指揮課程修了
1996年 防衛庁海上幕僚監部防衛課長
1999年 第3護衛隊群司令
2001年 防衛庁海上幕僚監部防衛部長
2003年 護衛艦隊司令官
2004年 防衛庁統合幕僚会議事務局長
2005年 佐世保地方総監
2007年 自衛艦隊司令官
2008年 退官
2009年 ハーバード大学アジアセンター上席研究員
    (Senior Fellow)に招聘
現 在 ジャパン マリンユナイテッド(株)顧問
    国家安全保障局顧問



論点⑤:「自衛隊の活動が拡大することになり、自衛官のリスクが高まるのではないか?」


― 「自衛隊の活動が拡大することになり、自衛官のリスクが高まるのではないか?いまの自衛官はみんな集団的自衛権を行使しない時代に入隊している。海外に派遣されて命の危険にさらされることなど想定していなかったはずだ」―そういって憲法解釈変更の試みを批判する向きもあります。入隊時の話と違うからおかしい、というのでしょう。
香田 でも、自衛隊が国家防衛のために武力行使をする組織であることは昔もいまも変わりません。個別的であれ集団的であれ、自衛権が発動されれば、自衛官が命を懸けて戦うのは当然のことです。任務の場所が国内だろうが国外だろうが、その本質は同じです。
 それに、もし「入隊時とは条件が違う」と不満に思うなら、やめればいいだけです。自衛隊は、世界で唯一、自由にやめられる軍事組織です。
 一般的に、軍隊はそう簡単にやめることができません。近代徴兵制はもともとフランス革命後の国民皆兵から始まったものなので、たとえ志願兵であっても、軍役は国家に対するサービスと位置付けられます。したがって、義務年限が過ぎるまでは基本的にやめることができないのが普通です。任期の途中でやめる場合は「不名誉除隊」となり、その人間の社会的な信用は凋落(ちょうらく)します。なかには罰則を設けている国もありますが、そうでなくとも、外国では不名誉除隊の経歴は本人にとってマイナスにしかなりません。その経歴のために、人生のさまざまな場面で不利益を被ることが多いのです。
 しかし、我が国と自衛隊にはそのようなことがありません。憲法に規定された職業選択の自由が100%保障されるので、イヤならいつでもやめられます。
 集団的自衛権の行使を容認することで、日米同盟は強化され、対外的な抑止力が高まり、自衛官の死の危険は小さくなります。もし自衛官を死なせたくないなら、むしろ今回の憲法解釈変更による「安保法案」に賛意を示すべきだと、ともいえるのではないでしょうか。
(第5回了)