自衛官に聞く
東日本大震災出動指揮官インタビュー(5) 中央即応集団司令官 日髙 政広 陸将
「自衛隊・中央即応集団とは・・・」
(第3回)

 あの「3.11」から1年半。自衛隊の救援活動で一般にはあまり知られていない陸上自衛隊中央即応集団の指揮官に対するインタビューを3回に分けてお届けします。
 今回は「東日本大震災出動指揮官インタビュー(5)」として、中央即応集団司令官の日髙政広陸将にお聞きしました。

(インタビュアー:山下輝男理事)

中央即応集団司令官 陸将 日髙 政広ひ だ か まさひろ

昭和32年宮崎県出身。
防衛大学校卒(23期)。
第12師団司令部第3部長、陸上幕僚監部防衛部編成班長、
第5特科連隊長、陸上幕僚監部厚生課長、富士学校特科部長、
北部方面総監部幕僚副長、第1特科団長、
中部方面総監部幕僚長兼伊丹駐屯地司令、第6師団長等。
現在自衛隊中央即応集団司令官(朝霞)
―一CRFは除染、給水・消火活動を行ったと伺いましたが、夫々の活動内容と特に留意された事項は何でしょうか。
日高: 除染活動についてですが、活動内容は、3月13日~7月31日の間、各除染所において除染を実施しました。その際、被災者に対する安心感の付与に特に留意して実施をしました。
 次に給水・消火活動についてですが、給水活動は、3月13日~14日の間、福島第2原発に対して延べ60両の水タンク車をもって計300t(=キロリットル)を給水しました。
 消火活動(=放水冷却活動)は、福島第1原発3号機及び4号機に対して第1 ヘリコプター団のCH-47及び陸海空の消防車をもって空中及び地上から実施しました。この際、地上放水として、3月17日~3月21日の間、消防車44両をもって第4号機に対し計440tを放水しております。
留意した事項としては、隊員の安全の確保及び被ばく管理です。

―一給水・放水冷却活動の状況を教えて下さい。警察や消防との指揮関係についてもお願いします。陸海空自の消防車を集中して放水を行いましたが、一番ご苦労された事項は?
日高: 給水・放水冷却活動の状況については先程述べた通りです。
 警察や消防との指揮関係ですが、福島第1原子力発電所における放水、観測等の各種活動について、原子力災害対策本部長たる内閣総理大臣から出された「指示」に拠って、現地調整所長が中心となり必要な調整を行うこととなりました。
 この「指示」により、自衛隊が戦後初めて消防庁や原子力事業者等の関係機関等を一元的に管理する権限が付与されました。

※下表のとおり、対策本部長指示には関係行政機関との記載はあるものの、警察は3月17日放水活動を実施した後、撤退したため、自衛隊の管理下に入った実績はありません。


―一10数か所の除染所において除染活動を行われたと伺いましたが、どのような状況だったのでしょうか?訓練との差はありましたか、何に御苦労されましたか?
日高: 状況については、先程の展開状況を参照していただければと思います。訓練との差異ではなく、今までの訓練があったからこそ現地において応用ができたと認識しております。苦労したことと言えば、除染を実施してはいるのですが、放射性物質がなかなか落ちなかったことです。

―一現地における原子力災害派遣に係る調整はどのように行われたのでしょうか?
誰がどこでどのような調整をされ、どのようなご苦労があったのでしょうか?
将来の課題として改善すべき点などありましたならば教えて下さい。
日高: 調整についてですが、福島県庁に設置された原子力災害現地対策本部において、政府、福島県、消防、東京電力等と原発施設に対する給水・放水冷却活動、住民避難支援や一時立入り支援並びに除染等の大枠的な調整が実施されました。
 具体的な調整は、郡山駐屯地に開設された増強中特防指揮所や12旅団指揮所及びJビレッジに開設された現地調整所において実施されております。
 調整する上で苦労した点としては、発災当初の現地における各種情報(原子炉建屋や核燃料の状況、放射線濃度等)の不足が挙げられます。

―一非常に厳しい状況の中で活動された訳ですが、参加した隊員諸官の意識はどうだったのでしょうか?
日高: 情報が不足する中で不安を感じる者はいたとは思いますが、本災害派遣活動において、我々のできる限りの能力を発揮し国民の安全を確保するという意識は非常に高いものでした。

―一参加した隊員諸官の被曝線量の管理が重要だと思いますが、どのようにされるのでしょうか?
日高: 隊員各人に線量計を携行させ、任務の都度、計測・記録し、一人一人の被曝線量をしっかりと把握して、規定値を超えない様注意しながら任務につかせておりました。

―一今般の原子力災害派遣を通じてのご所見を伺いたいのですが・
日高: 我々は原発災害を想定した訓練を行ってきたわけではありませんが、放射線防護に関する教育訓練は受けており、これらの基本・基礎を冷静に確行することにより、全隊員が無事に所望の任務を達成することができました。しかしながら、放射能汚染地域内で行動したのは初めてであり、多くの教訓事項を得ることができました。
今後は、この度の教訓事項の反映と更なる備えの強化に努めていきたいと思います。

―一将来の原子力災害派遣対処のために国家や自衛隊として何をすべきでしょうか?
日高: あってはならないことですが、万が一、原発に緊急事態が発生したならば、統幕からの命令・指示に基づき、速やかに対処できるように即応態勢は今後も維持していくよう努めています。
 先の原発事故に対処できたのは、CRF司令部や各部隊の即応態勢の保持や質の高い教育訓練の成果であると思います。このことからも普段の質の高い教育訓練と即応態勢をしっかりと維持することが重要であり、今後も高い即応性を維持するよう努めていきたいと思います。

―一長時間にわたり有難う御座いました。司令官はじめ隊員皆様の更なるご活躍とご健勝を祈念致します。

(完)